ノーパンチ松尾 椿鬼奴スタイリストの女性との入籍を報告

 お笑いコンビのザ・パンチのノーパンチ松尾(32)が、16日、自身のブログ上で、入籍したことを報告した。

 松尾によれば、お相手は、スタイリストの女性(28)。4年半のお付き合いの末のゴールインだという。女性は、お笑い芸人の椿鬼奴(40)のスタイリストもやっているらしく、「なので僕はTVに後輩が出てたら、悔しい感情が沸き起こってきたりしますが、椿鬼奴が出てたら、無条件で全力の応援をしております」と鬼奴に対し、特別な感情を抱いていることを明かしている。

また、今後についても「今は細い細い枝ですが、いつかは極太の大黒柱にと思っております」と意欲を表明。

読者からは、「ご結婚おめでとうございます!末長くお幸せに」「おめでとございます!!!!応援してます☆素敵な大黒柱になれると思います。ずっと幸せでいてください」など祝福する声が寄せられた。


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
ご挨拶とご報告(ザ・パンチの「パソコンよちよち歩き」)庄司智春 お笑いトリオ・Bコース解散に「寂しい」田村淳 Facebook開始「繋がりたい、発信したい、楽しみたい」


http://news.livedoor.com/article/detail/7322287/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


ノーパンチ松尾、ブログで結婚を報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130117-00000003-sanspo-ent



厳選したホットなニュースをお送りします。

それではまた次回をお楽しみに!

【PR】頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック



kubiherniakubihernia  at 17:49  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

馬券リーマン「勝ち馬配当30億円」必勝法

 100万円の軍資金を元手に馬券を転がし雪だるま式に“的中”させた配当金は、トータルで30億円超! 驚天動地の「105%回収法」に成功した〝わらしべ競馬長者〟を待ち受けていたのは、よもやの脱税起訴だった。不服とする男性は「外れ馬券27億円分を経費に認めて」と裁判に打って出た。古今東西のあらゆる競馬必勝法を超えた「最強の馬券術」、その騒動に迫る─。
 ギャンブルやバクチには、完全無欠の必勝法は存在しないと言われている。ところが、そんな“常識”を覆す事件が起きた。社会部記者が語る。
「今年2月、大阪国税局が強制調査の末、39歳の会社員を所得税法違反で在宅起訴しました。その容疑たるや男性が07年から09年の3年間で、競馬で約28億7000万円の馬券を購入し、約30億1000万円の払い戻し金を受けながら、これを税務署に申告していなかったというもの。つまり、1億4000万円ほどの実利益を得ていたんです。しかも会社員の年収は約800万円。にもかかわらず、追徴された税額は実に5億7000万円に上る。手元にそれだけの金額がないだけに、とても支払えないと、裁判が続いています」
 裁判の最大の争点は、28億7000万円の馬券の購入額がいわゆる“必要経費”に当たるか否か。検察側は、
「約30億円の払戻金は一時所得に当たる」としつつ、「必要経費は当たり馬券の購入金額分のみ」として馬券の購入総額については認めないと主張。会社員側は「27億円分の外れ馬券を経費として認めてほしい」と訴え、両者の主張は平行線をたどっているのだ。
 前代未聞の「外れ馬券」の扱いを巡る裁判で、男性側の代理人である弁護士の中村和洋氏が言う。
「何も男性は違法な賭博をしたわけではありません。誰もができる公営ギャンブルである中央競馬で、しかも最初に口座に振り込んだ100万円を一度もなくすことなく徐々に増やしていったのです。実に健全なやり方だと思います。それが永久に支払うことのできない税額を納めよというのですから、理不尽極まりないことです」
 なんと、100万円の元手から、実に3年間で140倍もの金額にまで殖やしていたというのだから、驚くほかない。
 まさに“錬金術”とも言える必勝法は、どのような方法だったのか。その驚異の的中法の概要について前出の中村氏が解説する。
「一度に20億を賭けてポーンと30億儲かったとかそういうことではないんです。考え方としては統計学的見地から長期的にたくさんの馬券を買い、その中で一定のリターンが得られるようにした。最初の投資金額の100万が150万、その150万が200万、500万‥‥と徐々に増えていった。それを積み重ねていき、3年間でトータルした実利益が1億4000万円となったわけです」
 男性は、競馬場や場外馬券場ではなく、ネット経由で馬券を購入していたという。これはJRAのネット端末IPAT登録者であれば、誰でもできる方法だ。通常ならば、勝ち馬を予想したうえで、単勝、馬連、3連単などの馬券に投票するところだが、この男性は、桁外れの購入法でタネ銭を殖やしていったという。
「仕事のない週末に開催される中央競馬で、例えば3カ所で開催するとします。すると2日で合計72レースありますが、そのうちの新馬戦と障害レースを除いたほぼ全レースで馬券を買っていました。その買い方も、レースによって1レースで何十通りから何百通りまで、単勝から三連単までいろいろな馬券を組み合わせて購入。結果的に、100通り賭けてそのうちの2つくらいが当たると、当たり馬券の配当倍率によって、最終的には全体の投資金額より多く帰ってくるという買い方だったんです」(前出・中村氏)
 つまり、レースや買い目をしぼるのではなく、反対に買い目を増やす、まさに1本の釣り竿で大物を狙うのではなく、非常に大仕掛けな投網を投げ打ち、大漁をせしめるという、逆転の発想とも言うべき統計的な手法を駆使した大胆な的中法だというのだ。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
馬券リーマン、プロも認める驚異の回収率馬券リーマン「予想は全てパソコンソフト任せ」馬券リーマン、貯金も尽きて支払い能力ゼロ


http://news.livedoor.com/article/detail/7228664/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


2年ぶり地元開催、村上騎手「レースで元気を与えられたら」/南部杯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121003-00000002-kiba-horse


厳選したホットなニュースをお送りします。

それではまた次回をお楽しみに!

【PR】頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック




kubiherniakubihernia  at 16:31  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ネット専用「ゆうちょ投信WEBプレミア」で口座開設キャンペーン

写真拡大
 ゆうちょ銀行が展開する会員制インターネット投資信託サービス「ゆうちょ投信WEBプレミア」で、2012年12月3日から2013年3月29日までキャンペーンを実施中だが、2012年5月7日にスタートして半年余りが経過した同サービスの概要とキャンペーンの内容について、ゆうちょ銀行営業企画部営業戦略室マネジャー伊藤修人氏に聞いた。 ゆうちょ銀行が展開する会員制インターネット投資信託サービス「ゆうちょ投信WEBプレミア」で、2012年12月3日から2013年3月29日までキャンペーンを実施中だが、2012年5月7日にスタートして半年余りが経過した同サービスの概要とキャンペーンの内容について、ゆうちょ銀行営業企画部営業戦略室マネジャー伊藤修人氏に聞いた。

――「ゆうちょ投信WEBプレミア」の特徴は?
 「ゆうちょ投信WEBプレミア」は、窓口営業時間中にゆうちょ銀行、または、投資信託取扱郵便局に来店できないお客さまから、インターネットを通じて投資信託の取引やポートフォリオ分析ツール等の利用ができる点で、ご好評いただいております。30代から50代の会社員世代のお客さまを中心にご利用頂いております。
 
また、無料会員を除く「ゴールド会員」(税込み年会費:5040円)、「シルバー会員」(同:1260円)の有料会員に対しては、月末の投信保有残高に応じてキャッシュバック(ゴールド会員は投信保有残高に対し年率0.3%、毎月最大5000円、シルバー会員は同0.21%、毎月最大875円)する仕組みを導入しました。キャッシュバック額は毎月末に計算し、3カ月に1回、お客さまの投資信託口座の決済口座にお振込みしていますが、この利用も徐々に増えています。

――保有残高に対し、キャッシュバックを行うサービスは珍しいと思うが、その意図するところは?
 投資信託は、その保有期間も信託報酬という形でコストがかかっているが、これが案外見落としがちである。例えば、ゴールド会員の場合、残高の0.3%のキャッシュバックを行っているが、現在の金利環境で0.3%は小さくない水準だと思う。私どもとしては、キャッシュバックを行うことにより保有期間中のコストに対するサポートとして長期保有を推進していければと考えている。

――インターネットで投信を買うという点で、「ゆうちょ投信WEBプレミア」が用意している商品は?
 ゆうちょ銀行としては、お客さまのニーズに適した商品ラインアップの提供に注力しています。このため、サービス開始時に、従来のゆうちょ銀行取扱商品(32商品)に、「ゆうちょ投信WEBプレミア」専用商品(11商品)を追加し、商品ラインアップを拡充しました。
 
そして、11月12日から、専用商品のラインアップを拡充し、12月現在で取扱商品数は49商品になりました。追加した商品は、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指し、国内の複数の資産に分散投資するファンド、「インフラ関連企業」に投資するファンド、「ゴールド(金)」の価格に連動するような投資成果をめざすファンドの他、カナダ株式や台湾株式など単一の国の株価に連動するファンドなど、お客さまの多様なニーズにお応えする計5商品をご用意しました。

――12月からスタートされた「ゆうちょ投信WEBプレミア」の「口座開設キャンペーン」とは?
 2013年3月29日までのキャンペーン期間中に「ゆうちょ投信WEBプレミア」に入会された方に、500マイル、または、現金500円をプレゼントします。(無料会員については、期間中の購入合計金額が10万円以上の方に限ります。)
 
そもそも「ゆうちょ投信WEBプレミア」では、サービス開始と同時にANA、JALと提携して、投信の購入額に応じた「マイル」のプレゼントを行っています。本サービスをご利用いただくお客さまの属性が「ANAマイレージクラブ会員」「JALマイレージバンク会員」と重なっていると考えたためですが、マイルをプレゼントすることに関してお客さまから大変良い評価をいただいています。それを受け、「本サービスに入会いただくことでマイルをプレゼントする」というキャンペーンを実施することとしました。
 
また、「口座開設キャンペーン」のほか、同期間中には投信の購入額に応じてマイルや現金をプレゼントする「ご利用キャンペーン」も実施しています。

――キャンペーンはどのように周知しているのか?
 「ゆうちょ投信WEBプレミア」は、インターネット専用サービスのため、ゆうちょ銀行の店舗や、投資信託取扱郵便局では入会申込みの受付をしておらず、店舗とインターネットというチャネルを切り分けています。そのため、本サービスではWEB広告を中心にインターネットをご利用の方を対象とした告知活動や、本サービスのお客さまに対するダイレクトメール等によるお知らせを行っています。
 サービス開始から半年余りが経過しましたが、より多くのお客さまにご利用いただくため、改めて入会を呼びかけています。この機会に、是非、多くの皆さまに「ゆうちょ投信WEBプレミア」をご利用いただきたいと思います。

――今後の「ゆうちょ投信WEBプレミア」は?
 引き続き、お客さまのご要望にお応えできるサービスの拡充に努めていきたいと考えています。コールセンター、または、お客さまアンケート等で寄せられたお客さまのご要望等に関しても、真摯に対応していきます。
 「ゆうちょ投信WEBプレミア」の特徴である保有残高に応じたキャッシュバック等の会員特典は、投信で長期の資産形成をお考えのお客さまには、メリットの大きなサービスであると自負しています。ぜひ、このキャンペーン期間中に「ゆうちょ投信WEBプレミア」をご利用ください。
 
なお、同期間中には、本サービスに入会された方を対象にマイルや現金をプレゼントする「口座開設キャンペーン」もあわせて実施しています。(編集担当:徳永浩)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
「ゆうちょ投信WEBプレミア」投信購入で3万マイル以上プレゼントゆうちょ銀、住宅ローンは「条件付認可」/郵政民営化委が意見書ゆうちょ銀行の通帳デザインに2種類新デザインが追加


http://news.livedoor.com/article/detail/7273844/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


厳選したホットなニュースをお送りします。

それではまた次回をお楽しみに!

【PR】頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック




kubiherniakubihernia  at 14:00  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!