【頚椎ヘルニア・頚椎症】薬(ビタミンの薬)に副作用はありますか? 頚椎ヘルニア...

厳選したホットなニュースをお送りします。


la_pastolaさん

【頚椎ヘルニア・頚椎症】薬(ビタミンの薬)に副作用はありますか?
頚椎ヘルニアなど、脊椎系の疾病を約二年間、患っています。
整形外科で、鎮痛薬・胃薬・筋弛緩剤・湿布などを処方されています。


肩こりなどの症状に効くという、ビタミンB12を中心とした市販薬(商品名「ナボリンS」)を自己判断で服用したところ、驚くほど首筋のこり・肩こりが軽くなりました。(痛み・吐き気・歩行のつらさ等の根本的な症状は消失してませんが、肩こりに関しては軽くなりました)。
この薬を飲まなくなると、肩こりが再び悪化したので、一生飲み続けたいと思っています。


しかし、この薬を飲み続けると、副作用などはあるでしょうか?
説明書には「一ヶ月服用しても改善しなければ必ず医師の診断を受けること」と記載されていますが、「長期連用は不可」という記載はありません。
薬剤師に聞いたら「医師と相談して下さい」と言われました。
医者に聞いたら「よく分からない」と言われました。




ベストアンサーに選ばれた回答


shining_pandamikan_pさん


ビタミンB12ですね。
過剰摂取等聞いたことが無いので長期服用しても大丈夫だと思います。
医者の処方薬にあるので、うまく話をして毎回出してもらえば金銭的に
もらくになるかもでれませんよ。
また、神経の傷の修復を助けるので、そのうち治るかもしれません。
お大事にしてください。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1055599610
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


それではまた次回をお楽しみに!


【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム口コミ 感想 実践 効果

パソコンオヤジの首痛と肩こり解消のお話

kubiherniakubihernia  at 18:05  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

頚椎症性脊髄症 と 頚椎椎間板ヘルニア は同じなのでしょうか? 医師に書かれた診...

厳選したホットなニュースをお送りします。


cocoachargeさん

頚椎症性脊髄症 と 頚椎椎間板ヘルニア は同じなのでしょうか?
医師に書かれた診断書に傷病名に 頚椎椎間板ヘルニア と書かれましたが、
以前に書いてもらった診断書には 頚椎症性脊髄症 と書かれています。
どなたか詳しい回答出来る方、よろしくお願いします。
補足この間、退院したばかりで保険の手続きやら用意していた矢先に
インフルエンザに掛ってしまい身動きが取れなくなり聞いてみたのですが
やはり、自分で直接主治医に聞くのが一番ですね。
熱が下がりましたので、月曜日にでも聞いて来ます。



ベストアンサーに選ばれた回答


hikarumiraisさん


頚椎の症状は辛いですよね。さて、頚椎症性脊髄症とは、頚椎のトンネル(脊柱管といいます)の中を通っている脊髄という太い神経の束が何らかの原因で圧迫され、圧迫された部位よりも下の神経の働きが障害されて、たとえば手足のしびれや、足の突っ張り感、排尿しにくいなどの症状が出る状態です。 そして、その脊髄神経を圧迫する原因の主なものとして、頚椎椎間板ヘルニア(首の骨のクッションが傷んで神経側に飛び出したもの)や、頚椎症(首の骨が変形して神経を圧迫するもの)があります。簡単に言うと、頚椎症性脊髄症の原因の一つが頚椎椎間板ヘルニアということになります。 御大事に。http://ryusgate.cocolog-nifty.com/ryusblog/2011/02/post-037a.html



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1356629458
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


それではまた次回をお楽しみに!


【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム口コミ 感想 実践 効果

パソコンオヤジの首痛と肩こり解消のお話

kubiherniakubihernia  at 17:52  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

現在『頚椎症性神経根症』という症状で仕事を休んでいます。 (首の骨が神経を圧迫...

厳選したホットなニュースをお送りします。


go5go_wmさん

現在『頚椎症性神経根症』という症状で仕事を休んでいます。
(首の骨が神経を圧迫し、手足が痺れてしまう症状です)

去年の暮れに、仕事中 突然手足が痺れ、力が入らなくなり
その時から、
手足の痺れが出て
病院に行き、検査をしたところ上記の症状でした。

仕事は、一月の中旬から二月いっぱい 診断書を提出し休職中です。
そこで、質問なんですが
現在、傷病手当扱いで休んでいるのですが これは労災にならないのでしょうか?

仕事をしていて、この症状を発症したのですが
治療費もすべて自費負担です。

仕事上、なってしまった上記症状なのですが、労災になれば治療費分も会社は負担してくれますよね?




ベストアンサーに選ばれた回答


godresschildさん


どのような仕事をしていたのですか?

病院で、仕事との因果関係を指摘されましたか?
診断書を書いてもらえそうですか?
過去に同じ仕事をしていた人が、同じような神経根症になった方はいますか?
首は仕事中だけでなく、日常絶えず使っています。

取りあえず、労働基準監督署に診断書を持って行って、相談してみてください。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1055872900
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


それではまた次回をお楽しみに!


【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム口コミ 感想 実践 効果

パソコンオヤジの首痛と肩こり解消のお話

kubiherniakubihernia  at 17:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!