トップページ » 節電の夏、扇風機の売り上げ昨年比460%!…消費電力、エアコンの40~100分の1

節電の夏、扇風機の売り上げ昨年比460%!…消費電力、エアコンの40~100分の1

厳選したホットなニュースをお送りします。


まだ5月にもかかわらず、扇風機売り場は買い物客でにぎわっていた(ビックカメラ新宿西口店) 福島第1原発事故や浜岡原発全面停止決定などで、日本列島はさらなる“節電モード”に突入。そこで節電対策商品として人気を呼んでいるのが、扇風機だ。家電量販店の最大手「ヤマダ電機」では、猛暑だった昨年比でも460%と驚異的な売り上げ。1973年度をピークに出荷台数が減少傾向となりエアコンに夏の主役を譲ってきたが、この“元祖・冷房器具”を効率よく使えば、エコで涼しい夏を過ごせそうだ。
 全国の電器店で「扇風機旋風」がビュービュー吹き荒れている。
 福島第1原発の事故を受け今春に行われた東京電力の計画停電。そして、9日に決定した中部電力浜岡原発の全面停止。節電意識が高まる中、日本国民が今夏の相棒に選び始めたのは、消費電力をエアコンの約40~100分の1に抑えられる扇風機だった。
 全国に系列569店舗を展開する「ヤマダ電機」では、4月28日時点の売り上げが前年同期比460%増。広報部は「やはり節電のため、という方が多い。ほとんど最盛期(7~8月)の勢いです」と驚きを隠さない。家庭用だけでなく、学校や病院などからも注文が相次いでいる。全国35店舗の「ビックカメラ」では、ゴールデンウイーク(4月29日~5月8日)の売り上げが昨年比2倍増。10日午後の新宿西口店は、閑散とするエアコンコーナーを横目に、扇風機売り場が客でにぎわった。
 商品別では高価格タイプが好調だ。4月1日発売のバルミューダ社の「グリーンファン2」は実勢価格3万4800円ながら、既に6000台を突破。「羽根のない扇風機」として昨年話題になったダイソン社の「エアマルチプライアー」シリーズ(同3万7000~5万4000円)も、完売店が続出した昨年の150%増となっている。
 「カリスマ主婦」と称される節約アドバイザー・矢野きくのさんは、この扇風機人気を「エアコンを使わなければ25%の節電が可能。政府の15%目標をクリアします」と歓迎。使用法としては、エアコンとの併用を勧め、「冷房効率が上がります。扇風機の風は体感温度を2~3度下げるので、エアコン設定を2~3度上げられますから」と話す。設定温度を1度上げると、約10%の節電になるという。



http://news.livedoor.com/article/detail/5547888/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



それではまた次回をお楽しみに!

【PR】頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星