トップページ » 鈴木京香、ハセヒロ様の成長を実感「一回りも二回りも大きくなった」

鈴木京香、ハセヒロ様の成長を実感「一回りも二回りも大きくなった」

厳選したホットなニュースをお送りします。


取材に応じた長谷川博己と鈴木京香 NHK「ドラマ10」で大石静の脚本により、昨年10月から放送され、大きな反響を呼んだドラマの映画化「セカンドバージン」。このほど撮影現場が公開され、撮影後には、主人公を演じる鈴木京香と相手役の長谷川博己が取材に応じた。

【関連写真】艶めく鈴木京香「セカンドバージン」ポスター画像解禁&特別画像も到着

バツ1の辣腕出版プロデューサー・中村るいが、妻のいる年下男性と禁断の恋に落ちていく本作。撮影されたのは、鈴木扮するるいが、不倫愛に堕ちていく鈴木行と初めて出会うカクテルパーティーの場面。ドラマ版に引き続き、行を演じる長谷川は、同作で注目を浴び、その後、初主演ドラマ「鈴木先生」でブレイクを果たして“ハセヒロ様”の愛称も浸透、本作で映画初出演を飾る。

現場は日差しの入るラウンジで、撮影当日は炎天下の厳しい環境だった。黒崎博監督は、エキストラに冗談を飛ばすなど、場を和ませながらテストを重ねていき、長回しでの重要なシーンを撮りきり、鈴木も「るいの働いているときの押しの強さが出ている大事なシーンなので、気合を入れて臨みました」と、ほっとした様子を見せた。

今回の映画版について、「キャラクターの芯の部分は同じですが、より一層、悩んでいる部分や弱い部分が強調されているかなと思います。また相手を思う気持ちの強さが、映画ではより出ていると思います」と鈴木。一方、相手役の長谷川は「ドラマの時はいっぱいいっぱいになっていた(笑)」そうで、「ドラマのときより深みが出たんじゃないかな」と行役への感想を漏らした。

また、るいに関して、鈴木は「多くの働く女性から『るいは私のことだと思うの』と言われた」そうで、「これはとても光栄なことでした。ドラマでキャラクターはできていると思うので、今回は働く女性という部分よりも、恋に悩む大人の女性に心酔していただければ。女性の心のひだを丁寧に演じたいなと思っています」と意欲を述べた。

「るいさん(鈴木)もおっしゃった通り…」と何度も口にし、取材時にも映画初出演の初々しさを感じさせていた長谷川。しかし本作について「“死の香りのする純愛映画”だと思います」と作品の世界観をズバリ表現。そんな長谷川を見守るようにしていた鈴木は「長谷川さんも主演のドラマを終えられて。一回りも二回りも大きくなった行さん(長谷川)で帰ってきてくださっているので、とても頼もしく思っています」と笑顔で応じていた。

映画版の舞台は「泥の合流する場所」という意味を持つマレーシアの首都・クアラルンプール。鈴木、長谷川をはじめ、行の妻・万里江役の深田恭子ら主要キャストはそのままに、ドラマでは描きえなかった衝撃の事実が盛り込まれる。(取材・文・写真:望月ふみ)

「セカンドバージン」は9月23日より全国ロードショー。

■関連情報
「セカンドバージン」作品情報
「セカンドバージン」公式サイト

■関連リンク
艶めく鈴木京香「セカンドバージン」ポスター画像解禁&特別画像も到着!
禁断のNHKドラマ「セカンドバージン」が鈴木京香、長谷川博己、深田恭子で映画化!
深キョン、宮迫は「極悪な感じ」とバッサリ! アニメ「豆富小僧」初日舞台挨拶
平野綾「新しい芝居を身につけられたら…」実写映画への進出に前向きな発言
深田恭子「私にとって愛しい存在です」 3Dアニメ「豆富小僧」の主人公に愛着


http://news.livedoor.com/article/detail/5669692/
※この記事の著作権は配信元に帰属します




それではまた次回をお楽しみに!

【PR】頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック






トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星